自作パソコンがインターネットに接続出来ない場合の対処法!確認事項!

自作パソコンを作成し、いざインターネットに接続するぞという時にエラー表示がされ、ネットに繋がっていなかったなんて言う事がわかってしまうととても悲しいですよね。

 

自作パソコンでもそうでなくてもこのトラブルは定番中の定番でありながらも、それでも起こってしまうトラブルの一つです。

 

今回はそんなインターネットにつながらないという場合に行う対処法と確認事項をご紹介していきたいと思います。

 

自作パソコンがインターネットに接続出来ない場合の対処法!確認事項!

自作パソコンの場合

 

せっかく構成した自作パソコンで、インターネットに繋がらないという状況になってしまうととても悲しくなってしまいます。

 

しかし、そのトラブルも初期不具合や不良品であるという可能性はあまりなく、まず確認してもらいたい項目がいくつかあります。

 

〇パソコンの再起動

まず何をおいても先に行うべきはパソコンの再起動です、インストールしたソフトなどによっては再起動を必要とするものがあったり、データが多くて固まってしまうなどの場合それらの履歴を削除しリセットする為パソコンの再起動を行います。

 

こういった一時的な不具合などであれば直る事は多く、「不具合にはまず再起動を」はかなり効果的です。

 

ドライバのインストール

自作パソコンでインターネットに繋がらないなどのトラブルでとても多いのが、各種ドライバのインストールをしていなかったという事があります。

 

自作パソコンを構成しWindows10をインストールしたら、以下のドライバをインストールする必要があります。

 

・マザーボード チップセットドライバー

・デバイスドライバー(LAN、グラフィック、オーディオなど)

 

Windows10をインストールした後にこちらをマザーボードに付属しているCD-ROMからドライバをインストールする必要があります。

 

CD-ROMが手元にない場合には、インターネットに接続できるパソコン(友達やマンガ喫茶、その他使用可能なパソコン)から、マザーボードメーカーにアクセスし必要なドライバをインストールします。

 

USBを使用し自身のパソコンに移動する方法が有効ですが、直接USBメモリーにはダウンロードできないようなので、一度PCにインストールしてからZIPファイルを解凍しUSBへ移動します。

 

☆確認方法

 

ドライバのインストールの有無を確認するためには、コントロールパネル→ネットワークとインターネット→ネットワーク接続調べ、何もない状態になっていたらドライバのインストールがされていない事が原因と分かります。

 

そのためドライバのインストールがされ、正常に接続されている場合にはインターネットドライバのアイコンが表示されるようになります。

 

その他の原因

自作パソコンでなくてもインターネットに繋がらないというトラブルは多く、どちらにも精通していえるトラブルの原因と対処法をご紹介していきます。

 

〇無線LANスイッチ、LANケーブルの確認

 

無線LANで接続している方は端末側の無線LANスイッチや子機がちゃんと「ON」になっていることを確認しましょう。有線LANの場合も、ケーブルがちゃんとつながっているかの確認が必要です。

 

単純ですがこういった基本的な事の対処ができないとトラブルに気付くことが出来ずにストレスが溜まってしまう事にも繋がります。

 

スマートフォンでも知らぬ間にWi-Fiオフになっていたり機内モードになっていたりすることもあるようにパソコンでも確認が必要になります。

 

〇LANケーブルの確認

 

LANケーブルの破損がないか、断線がないかという事の確認も必要になります。

 

もし故障があればそれが原因でインターネットに繋がらないという事態を招いている可能性もあります。

 

新しいケーブルや別のLANケーブルと交換し、再度接続を試みることが対処方法になります。

 

〇モデムやルーターの電源入れ直し

 

インターネットに繋ぐには、パソコン回線との間に、ADLS回線の場合には「モデム」、光回線の場合は「ONU」と呼ばれる機器を必ず挟む必要性があります。

 

これがないと、たとえ回線契約を済ませていたとしてもインターネットと接続する事はできません。

 

また、複数のパソコンやスマートフォンがつながっている環境では、端末を複数ネットにつなげることが出来る「ルーター」もあるかと思います。

 

このモデムやルーターなどが正常に作動しているかの確認を行う必要があります。

 

〇ルーター、モデム、ONUの再起動

 

正常に作動しているのにまだインターネットに繋がらない場合には一度再起動をしてみる方法も考えられます。

 

電源を一度落としたり、ルーターの場合にはサイト上で再起動を遠隔操作できるものもあります。

 

電源を落とす場合には電源スイッチがあればそちらでオフをなければ電源プラグを抜いて再度差し込むまでに10秒間放置します、これによりコンデンサ内の電気を放出し完全停止の形になり再起動している状態になります。

 

まとめ

 

今回の記事を簡単にまとめさせていただきます。

 

・不具合が起こった場合にはパソコンもモデム、ルーターなどもまず再起動を行う。

・自作パソコンの場合は各種ドライバのインストール漏れが原因である可能性が高い。

・ドライバのインストール漏れの確認方法は「コントロールパネル→ネットワークとインターネット→ネットワーク接続」にて確認を行います。

 

頑張って自作パソコンを構成してもインターネットに繋がらなければ使用がかなり制限されてしまいます。

 

意外と少しの事でトラブルが解消する事も多いので、上記内容を確認しインターネットに繋がらないトラブル解消のお役に立てばと思います。