初心者に優しい自作パソコンの組み立て方!簡単に説明!

自作パソコンを組み立てるメリットはパソコンを自分の好きなようにカスタマイズ出来たり、自身でメンテナンスや交換、不要になった場合には売却などの手もあり、何より安価になる場合があります。

 

しかし、自作パソコンは難しい、どう組み立てればいいのか?

 

まず何を揃えればいいのか?がわからないという方へ初心者に優しいパソコンの組み立て方をご紹介していきたいと思います。

 

初心者に優しい自作パソコンの組み立て方!簡単に説明!

 

自作パソコンの組み立てはハードルが高い印象を受け、失敗してしまったら…と考えてしまう人も多いかと思います。

 

しかし、組み立て作業自体は熟練者からみると「プラモより簡単」と表現されるほどで、意外とそんなに難しくないというのが現実ですが、ただしパソコンやその他周辺機器は精密機械なので扱い方には注意が必要になってくると思います。

 

必要物品を揃える

 

自作PCを組み立てるのに必要な物品の説明をしていきたいと思います。

 

・マザーボード

電子機器で使用される最も主要な電子回路のこと。

 

・PCケース

パソコンのケース、各種パーツを収納するケース。

 

・CPU

メモリやハードディスクと並んでコンピューターを構成する代表的なデバイスのひとつで、パソコンには必ず搭載されています。

 

形は小さいですが、その働きはPCの中でも屈指でCPUの性能によってPC自体の性能や価格に大きくかかわってきます。

 

・メモリ

パソコンの速度に影響を与えます。

 

パソコンOSやアプリケーションを動作させるために必要な情報を読み込み、一時的に保持する役割を果たします。

 

例えるならメモリは作業台のような役割でメモリ容量が大きければ複数のアプリケーションを同時に
開いたとしても動作が遅くならないという利点があります。

 

・HDDまたはSSD

ハードディスクはパソコンのデータを保存する部品です。

 

パソコンを動かす上で欠かせないOS、ワード・エクセルなどの各種ソフト、ユーザーが作成したデータなどすべてが格納されています。

 

・光学ドライブ

音楽や映像といったデータなどの記録に利用されています。

 

・電源ユニット

パソコンなどの電力供給装置です。

 

電源コードを接続して外から電力を取り込み、内部の各パーツに電力を供給する装置をいいます。

 

・モニタ

パソコンのデータを表示するための画面で「ディスプレイ」と呼ばれることもあります。

 

また、ノートパソコンと繋ぎ、画面領域を増やすことも可能です。

 

それぞれ、PCショップやネット通販でも手に入ります。

 

基本的に高性能のものは高額ですので、どの程度のPCを組み立てるか、予算や使用目的に見合った
ものを選んでいきましょう。

 

組み立てに必要な工具

 

滞りなくスムーズに、かつ安全にパソコンを組み立てるために、各種工具の用意もしておくことをおススメ致します。

 

・プラスドライバー(先の長いもの)
・マイナスドライバー
・ニッパー
・カッター
・ラジオペンチ
・静電気防止手袋、
・静電気防止リストラップ
・結束バンド

自作パソコンの組み立て方(初心者向け)

マザーボードの開封

 

マザーボードを開封し、内容物を確認していきます。

 

マザーボードに付属している内容物は…
・マザーボード本体
・SATAケーブル
・M.2固定ネジ
・I/Oパネル
・ユーザーマニュアル
・ドライバディスク

 

マザーボードを静電気防止袋から取り出し、化粧箱の上に静電気防止袋を敷いてからその上にマザーボードを置いて作業を進める事をおススメ致します。

 

その他内容物は、この後の工程で使用する事になりますので、紛失しないように。

 

また、マザーボードの裏面は凸凹しており、場所によっては小さい部品がとがっています。

 

マザーボードを持ち上げる際には、CPU背面部分の金属プレート当たりを持つのが安全です。

 

CPUの開封

 

CPUとCPUクーラーを取り出します。

 

純正のCPUクーラーの裏面には熱伝導グリスが塗られているので、箱に入れたまま触らないようにしましょう。

 

CPUを取り付ける

 

マザーボードにCPUを取り付けます。

 

CPU固定フックを外し、固定位置に置きます。

 

保護カバーは不具合があった際にメーカー保証を受ける際に必要となるので、組み立て完了後もなくさないよう保管しておくことをおススメ致します。

 

CPUクーラーを取り付ける

CPUクーラーは、CPU固定位置の周りに開けられた4か所の穴に差し込んで固定します。

 

CPUクーラーの取り付けが不十分になってしまうと、CPUの熱暴走の原因になってしまうことがあります。

 

プッシュピンを固定する際にはしっかり「カチッ」と音がするまで押し込むことと、マザーボード裏面で黒いピンが4か所とも出ていることを確認してください。

 

メモリを取り付ける

メモリをデュアルチャンネル動作で使用する場合には、灰色のA2スロットとB2スロットに挿します。

 

メモリの逆挿しに注意が必要です。

 

間違い防止用の切り欠きがありますが、無理やり押し込めば両サイドロックがとまり正しく取り付けられたかのように見えてしまいます。

 

逆挿しのまま電源を入れてしまうと発火し故障の原因となってしまうこともあるのでとても危険です。

PCケースへの各パーツ組み付け準備

 

・PCケースを開きます、左右前後と固定してあるフロントパネルのツメを外し、パネルを取り外します。

 

フロントパネルはプラスティック製なので破損しないよう注意が必要です。

 

本体ケースに光学ドライバを取りつける

光学式ドライブの取り付けは片面4つ、計8本ネジがありますが、体格線上などで片面2本でも十分です。

 

固定する際には固定ネジの間違いに注意が必要です。

 

ネジ止めするときは、強く締めすぎず仮止めを行いズレがないかなどの確認をしてから締めるようにしましょう。

 

本体ケースにSSDを取り付ける

 

シャドウベイユニットに固定されているインチネジを外し、シャドウベイユニットを手前に引き出します。

 

固定するネジを間違わないようにしましょう。

 

強く締めすぎず少し余裕を持たせるような感覚で締めていきましょう。

 

本体ケースに電源ユニットを取り付ける

電源ユニットを取り付ける際は本体ケースの後方上部の出っ張りに電源ユニットを合わせ、12cmファンが下の方向を向いた状態で取り付けます。

 

この時に電源はOFFの状態にしておきましょう。

 

「〇」がOFFの状態で「-」がONの状態になります。

 

マザーボードを取り付ける

 

本体ケース背面部にI/Oパネルを取り付けます。

 

取り付ける際はマザーボードのバックパネル1の向きを確認し、本体内側よりI/Oパネルをはめ込みます。

 

I/Oパネルのツメが外側に出ていることを確認しましょう。

 

配線を取り付け、まとめる

 

半挿しやコネクタの逆挿しには気を付けましょう。

 

ケース内の配線は結束していくことで、空気の流れを良くしつつ作業しやすくなります。

 

結束バンドなどを用いて各種配線ごとにまとめておきましょう。

 

ケース内の確認をし、ケースを閉じて完成

 

ケース内に結束バンドの切れ端やネジが残っていないかの確認をしましょう。

 

工具類も使用したものが、元通りに揃っていることも重要です。

 

問題なければ側面のカバーを閉じて完成になります。

 

まとめ

 

パソコンを自作する場合にはパソコン自体のメーカー保証もなく、取り扱いには十分に注意が必要になります。

 

組み立てるだけの作業であればそこまで難易度の高いものではないので、慎重に組み立てる事をおススメ致します。